欧米版InDesignを使った日本語組

 欧米版InDesignを使った日本語組

最近仕事で日本語の文字組をする必要があり、ちょっと困ったことになりました。いかんせん、働いているのはイギリスのデザイン事務所。日本語版のInDesignなどなく、日本語組版機能のない欧米版InDesignを使用しなければいけません。それでもちゃんと日本語がキレイに見えるよういろいろ考えていみました。

カーニングにはオプティカルを使用

欧米版InDesignを使用していて一番困るのは、文字組みアキ量設定がないこと。なので、括弧やハイフンなど約物に異様なスペースが生まれてしまいます。そこでカーニング設定をメトリクスからオプティカル変更。そうすると、かなりいい感じで文字が詰まります。

しかし、これも苦肉の策。

カタカナのダッシュが次の文字に入り込んでしまったりする場合はあるので、そういったスペースがおかしい箇所はトラッキングを使って個々に修正していきます。

 

Apply ‘Hanging Punctuation’ to selected paragraphs

Apply ‘Hanging Punctuation’ to selected paragraphs

やっとやりたかったことができたので覚書です。

英語には日本語のぶら下がりにあたるHanging Punctuationというのがあります。
これはクオーテーションマークをテキストボックスから押しだし、
文字を揃えることで、タイポグラフィー上、見栄えがいいとされています。

英語版Indesignでこれをやろうと思うと…
Type>Storyをクリックし、でてきたボックスのOptical Margin Alignmentにチェックします。
タイプサイズの同じ数を入力すれば完成です。

とここまでは簡単なのですが、
これを適応すると文章に全体にスペースの調整がかかってしまいます。

なので、文字組が終わってこれをするとガタガタに崩れます。
そこで1段落だけ適応する方法がないか探していました。

今回発見した方法は、まずStoryからOptical Margin Alignmentにチェックをいれます。
その後、全文章を選択してParagraphのメニューからIgnore Optical Marginを選択。
これで文字のスペースがStoryにチェックを入れる前に戻ります。
そして、Hanging Punctuationを適応させたい段落を選択し、先ほどのParagraphにあった
Igonore Optical Marginをはずします。これで全文章に適応するのではなく、
Hanging Punctuationを行いたい箇所のみこれを適応させることができます。

非常に細かいディテールですが、文字にこだわるのであればぜひお試しあれ。

Typography for Information Design

The concept of that “the simpler the form of a letter the simpler its reading” was an obsession of beginning constructivism. It became something like a dogma, and is still followed by “modernistic” typographers.

This notion has proved to be wrong, because in reading we do not letters but words, word as a whole, as a “word picture.” Opthalmology has disclosed that the more and the letters are differentiated from each other, the easier is the reading.

Without going into comparisons and the details, it should be realized that words consisting of only capital letters present the most difficult reading – because of their equal height, equal volume, and, with most, their equal width. When comparing serif letters with sans-serif, the latter provide an uneasy reading. The fashionable preference for sans-serif in text shows neither historical nor practical competence.

Josef Albers, Interaction of Color

Sound Effect in American Comics

Sound Effect in American Comics

Sound effects in American comics are different from Japanese ones. They are basically sounds of action in American comics. On the other hand, sounds describe feeling of the characters in Japanese comics. I think that’s why the choice of font is different between American and Japanese comics. You can see thick sans-serif in American comics, but Japanese comics often use hand writing font for the sounds to make more personal.
Continue reading

Japanese Sound Symbolism

Mimic Sounds in Comic 01

This article describes sound symbolic or mimetic words in the Japanese language. Most languages have such words; for example, “bang”, “zap”, “ding”, “slither”, “pop”, etc. inEnglish. Sound symbolic words occur more often in Japanese than in English—they are found in formal as well as vernacular language.

These words cannot all be considered onomatopoeia. Many mimetic words in Japanese are for things that don’t make any noise originally, most clearly demonstrated by しいんとshiinto, meaning “silently”.
Continue reading